←ギャラリーTOP

お庭を飾る

「花壇」−冬花壇を華やかに

お庭の中で、植える植物によって色々な表情を見せる花壇。
今月は、花壇を構成する素材と、そこに植える植物についてご紹介します。

ひと口に花壇と言っても、平面で舗装によって区切られてできる花壇や歩く部分より高さをつけて上に浮き上がらせた花壇などその形はそのお庭のデザインによって様々です。またその素材によっても色々な表情を見せます。

冬になると落葉樹の葉も落ち、お庭全体が寂しい印象になってきます。
そこで、その花壇に植える植物にひと工夫してみてはいかがでしょうか?
冬花壇の代表選手と言えば、パンジーやアリッサムなどの1年草の花が主です。
常緑で葉の色に特徴のある宿根草や低木などもその中に入れてあげて、色彩を明るめのトーンに仕上げれば、お庭全体の印象が明るくなります。
また、花の成長が遅い分、花だけで構成しようとするとその数量を多く入れてあげなければ寂しい印象になってしまいます。その中に宿根草や低木を混ぜてあげる事で、花壇全体にボリュームが出てきて、その存在が際立って見えます。

 

花壇

花壇 項目説明
  1. 材質
  2. 特徴
  3. デザイナー名
  4. 製作者名
  5. 植栽アレンジ担当者
  1. コッツランドストーン
  2. ロックガーデン
    土留めを兼ねて石を配置し、その隙間に植物を植栽。
  3. 舟橋伸治
  4. 林政樹
  5. 石野香織
  1. 砂岩コバ積
  2. 門壁と同じ砂岩コバ積にして、つながりのある花壇を作成。自然な印象を表現した花壇。
  3. 舟橋伸治
  4. 坂田和巳
  5. 坂田和巳
  1. サンドマーブルピンコロ積
  2. 両脇に花台を設け鉢を置いて演出できる空間を作成。
  3. 舟橋伸治
  4. 林政樹
  5. 林政樹
  1. 黒ミカゲピンコロ積・瓦
  2. ピンコロ積で高低差を作り表情を豊かにした。瓦積みのベンチも作り、複合的な花壇を提案。
  3. 石野香織
  4. 林政樹
  5. 林政樹
  1. レンガ・砂岩敷き
  2. 平面上で、舗装で区切った花壇。植物によって色々な表情を表現する事が可能。
  3. 舟橋伸治
  4. 林政樹
  5. 石野香織
  1. 木曽石コバ積
  2. 曲線のラインを作り、コバ(石の細い面)を見せて柔らかい印象を表現。
  3. 石野香織
  4. 下田延正
  5. 石野香織


植物

植物 項目説明
  1. 名前
  2. 分類
  3. 特徴
  1. アジュガ
  2. 常緑多年草
  3. 赤銅色の葉色や白地にピンクの斑入りのものなど様々な園芸種があります。
    花の時期は、4〜6月。
  1. ハツユキカズラ
  2. 常緑性 大本つる性
  3. 花のない時期にきれいに発色するので花のかわりに使用できます。
  1. クリスマスローズ
  2. 常緑性宿根草
  3. 花色が多数あり、日陰地に適しています。花の時期は12月〜3月です。花の時期にも葉があるので、花壇にボリュームを出す事ができます。
  1. フイリヤブラン
  2. 常緑性宿根草
  3. 半日陰地から陽地を好みます。花の時期は8〜9月ですが、葉の色に特徴があるので、冬でも存在感がある植物です。
  1. セイヨウイワナンテン‘レインボウ’
  2. 常緑低木
  3. 葉に白や黄緑の斑が入っています。花は白い鐘形の花を密生させます。枝は垂れるのが特徴です。



前のページこのページの上



 
←ギャラリーTOP
HOMEWorkingSampleGalleryCorporate

Funahashiueki Landscape Gardening Corp.