ホームへ 舟橋植木の仕事 施工例 お庭のつくりかた 会社案内 ホームへ

施工例TOPへ

←施工例TOP

ガイア造景研究所(Edible Style)

生産し喜びを共有する庭とは・・・

写真 物質・利便性本位のものではなく、安らぎ・コミュニティー・安心、安全・健康・心の豊かさを追求した庭です。

樹木が人間生活に与える効果として、大気の清浄・微気候の形成・防音等の様々な環境的効果はもちろん、食物や植物の栽培、収穫を行う中で、身体的機能を高める役割を担うとされています。最近では園芸による精神的安定・ストレス回復等の効果が認識されるようになり、盛んに園芸療法として採用されています。

このエディブルスタイルとは、植物・動物・人間とのふれあいの場を数多くつくり、完全無農薬で栽培することで、自然を身近で感じ、安心・安全な環境を追求しました。

写真 また、本来人間の持っている視覚・聴覚・嗅覚・味覚・触覚の五感は、自然とのふれあいの中でよりいっそうはぐくまれるものとなり、果樹・作物・花壇などの生産・収穫を地域の人と共にすることにより住民同士の相互扶助・コミュニケーションが深まります。

このエディブルスタイルを、一般の企業が本業とは別に農業に取り組んだり、地方公共団体、地域のコミュニティーなどが取り組むことにより、畑や花壇、ベンチでの語らいが合意形成・寄合の場としての機能を果たし住民意識の高まることによって、コミュニティ全体の安心・安全性が高まります。また現在の食糧自給率3割という問題を解消する手段としても期待でき、新しい雇用も生まれます。

生産、収穫、豊かな恵みと時間を共有することで、新旧住民の自然な交流に生かし、住民自らの「ふるさとづくり」、新しい「村づくり」の基盤を形成します。


ガイア造景研究所(実験農場)

写真 舟橋植木の研究機関「ガイア造景研究所」をエディブルスタイルのモデルケースとして作りました。小屋や物置などはすべて廃材を利用して建て、畑や果樹など直接身体に取り入れるものはもちろん、樹木も薬剤などは使用せず完全無農薬です。また、石窯やテラスもあり沢山の人を集めてピザパーティーなども行うことができます。

写真
←施工例TOP